LazerSilk中元歳暮

脱マンネリ!お中元ギフト選びに迷ったらあえてはずす人気商品

禅抹茶枡CUbe Masu お中元画像

 

お中元と言えば、日本の夏の風物詩。

そして、このお中元が婚家に贈るお歳暮、誕生日、主婦を悩ますお3大贈答イベントの1つ。

毎年「今年は何を贈ろうか?」とご主人と話す機会が増えるのも夏のこの時期ではないでしょうか?

今回は、目先をかえたお中元で、選ぶ悩みから選ぶ楽しみにかえる商品をご紹介したいと思います。

 


§ 知らなかった!お中元を贈る時期は地域によって異なる


禅抹茶枡のアトリエがある関西地方では7月中旬あたりからそわそわしだします。

こちら関西では7月15日から8月15日の間に贈るのが一般的だと思われていましたが、実はお中元を贈る時期は地域によって異なるのをご存知でしたか?

北へ行くほど時期は早く、南に行くほど遅い傾向にあります。

そして、近年は贈る時期も早まっています。

結婚して初めてご主人の嫁ぎ先にお中元を贈る方は下記を参考に贈る時期をお決めになってみてはいかがでしょうか。

【北海道】     7月15日〜8月15日

【東北・関東】   7月初旬〜7月15日

【東海・関西・中国・四国】7月15日 〜8月15日

【九州】      8月1日〜8月15日

 

ほぼ共通しているのが8月15日までにはお中元を贈っていれば大丈夫でしょう。

何事も早め早めが大切です。

 


§ 熨斗(のし)の選びかた


 

お店でお中元ギフトを買うと必ず聞かれるのが「お熨斗はどうされますか?」

お中元の時期には「お中元」と伝えましょう。

次に「外のしですか?中のしですか?」と聞かれます。

一般的に、中のしは、こちらの気持ちを慎ましやかにしたい場合、例えば内祝いなどを贈る場合に中のしを

選択します。

一方、相手の慶事をお祝いしたい気持ちを表現したい場合、例えば結婚・出産祝いなどは外のしが適切といえます。

 


§ しまった!お中元の時期を過ぎてしまった!どうする?


 

全国的にお中元の時期が8月15日ですが、万が一8月15日を過ぎてしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?

今年は贈るのやめる、、、とはいきませんね。お中元は一度贈ると毎年贈るものです。
特に嫁ぎ先にお中元を贈る場合は、嫁ぎ先から「お中元はやめにしましょう」と言われたり、特別な理由がない場合は習慣化するものです。「いつもお世話になります」「これからもどうぞよろしくお願いいたします」という感謝を表現するもの。贈りものをきっかけにコミュニケーションや繋がりを感じる習慣文化です。

「珍しいから喜んでもらえるかな」「そういえば、こういうのが好きだったなあ」

お中元は値段ではなく相手のことを思う気持ちや感謝を「物」に置き換え表現したものです。
お中元の相場は、3000円〜5000円と決してびっくりするほど高いわけではありません。

たとえ、お中元を過ぎても大丈夫。

8月15日以降は、表書きは「お中元」ではなく、「暑中お見舞い」として贈ります。

地域によっては8月7日(中秋)までは「暑中お見舞い」それ以降は「残暑お見舞い」とすることもありますので

贈る地域によって確認が必要です。

 

毎年という訳でなく、今年一度だけお世話になってお礼がしたい場合のこの時期の贈り物には

お店の人に「お中元」ではなく、「表書きは”お礼”でお願いします。」と言えばいいでしょう。

 


§ お中元の人気商品を見てみると・・・


 

さて、お中元にはどんな商品が人気なのか調べてみました。以下トップ3をご紹介します。

 

お中元人気商品TOP3

第1位 スイーツ

禅抹茶zencubemasuお中元スイーツ

 

お金を出せば、何でもネットで買える時代になり、
お中元の商品もこだわりの商品合戦が繰り広げられます。
最近は、珍しくてかわいいスイーツやゼリーが人気。
ご当地限定モノ、カリフマパテシェのチョコ、
ミシュランホテルのスイーツ・・
なかなか普段自分では買えないものを家族みんなで食べられる
特別感が人気です。

 

第2位 果物

禅抹茶枡zencubemasuお中元桃

 

季節ならではの商品を贈るのがやはりお中元感がありますね。
ぶどうや桃を送られて嫌な気をする人はいません。
新鮮なフルーツは本当に美味しいもの。
年配の方には根強い人気のお中元商品です。

 

 

 

第3位 おそうめん

禅抹茶枡zencubemasuお中元そうめん

 

夏といったらやっぱりお素麺が外せません。
沢山いただいたらちょっと困るkど、でも一夏に必ずは食べる
お素麺。根強い人気のお中元ギフトです。

 

 

 

 

 


§ 「今年はどうする?」から「今年はちょっと趣向をかえて」に


 

さて、今年はどうするか。

定番の人気商品は安心感はありますが、今年は、ちょっと趣向をかえて見てはいかがでしょうか?

あえて人気商品を外して、「ま、今年もこれでいいか」から「これ珍しい」というものに挑戦してみては?

禅抹茶枡のCUBE MASUシリーズの品物は、スイーツ、果物、お素麺といったお中元人気商品を盛り付ける

ことができる国産檜で作られた枡。そこに赤ちゃんが舐めても安心の体に無害なインクで日本の縁起物柄を

印刷しました。おもてなしのデザート皿、果物皿、もちろんお素麺を盛り付けてもとても涼しげです。

お酒をお中元にされるのでしたが、おちょことしてつけて一緒に差し出しても粋です。

夏休みのお盆の帰省に、一緒にお酒を飲み交わすしながら会話するのも親孝行ですね。

もちろん無料でお中元の表書きを書かせていただきます。

今年は、ちょっと他にはないお中元の品をプレゼントしてみてはいががでしょうか。

いくつか、お中元にふさわしい枡をご紹介します。

 

金魚のデザインの木枡

 

Cube Goldfish 金魚、夏にぴったりの涼しげな檜枡。

爽やかな水色の市松柄を水にとらえ、そこにゆらゆらとゆっくり泳ぐ夏の風物詩の金魚をデザイン。

 

金魚のデザインの木枡禅抹茶枡 Zen Cube 金魚枡

 

 

 

 

 

 

スイーツを入れたり、観葉植物を入れてインテリアアートにしても素敵

 

錦鯉のデザイン木枡

パステルブルーが夏らしい色合いをもつCube 鯉。

こちらは、同じく魚で、錦鯉。お酒をいれて飲み交わしてもいい。

 

錦鯉の木枡錦鯉の木枡

 

 

 

 

 

 

 

使い方は無限。大切なあの人のライフスタイルに合わせてお選びいただけます。

 


§本当に「想いの詰まった」お中元とは


 

お中元という日本独自の夏の慣習が近年は次第に減少傾向にあります。

「形式だけのお中元のやりとりに意味があるのか」「正直めんどくさいな」と疑問に思う若い世代も増えてきています。

実際、企業間同士のお中元の慣習を禁止する会社も出てきています。企業レベルでは、その想いは有りだと思います。

それは、そこに個々のレベルの”想い”が希薄で、お中元が単なる「去年もやったから」というマンネリ化されているからです。

人間社会は、必ず人との繋がりで社会は動いています。親子関係、友人関係、恋人同士、近所付き合い、親族、習いごとの仲間・・・誰でも自分の世界を1つは持っています。そこで、繋がりが深ければ深いほど、「あの人を喜ばせたい」「日頃お世話になっているから、その感謝の想いをモノで表現したい」

自分の想いの表現の1つとして、お中元があるのではないでしょうか。

モノを通して自分の想いを伝えるのは、もちろんお中元だけに限りません。常日頃「ちょっとしたもの」を贈る気配りが常に出来ているに越したことはありませんが、忙しい現代社会の中ではなかなかこまめに贈るのは時間、経済的にも大変です。

CUBE MASUは、3000〜5000円というお手軽値段でありながら、形式ばらない新しい感覚のお中元枡です。

お素麺もいいけど、今年はそのお素麺を入れる器にこだわってみませんか?

きっと、「こんなモノがあるんだね!」って驚きと同時に喜ばれることでしょう。

そこに私たちCOOKAのものづくりの喜びがあります。モノを売る喜びではなく、お客様の向こう側におられる大切な人が喜んでもらえることがCUBE MASU枡を作る動機となります。

今年新感覚のお中元で脱マンネリをはかってみませんか?

上記の枡以外にももっと詳細をご覧になりたい方はどうぞこちらからお入りなって、お楽しみにください。

 

シ禅抹茶枡ョッピングバナー