中元歳暮正月

絶対かぶらない!プレミア感とこだわりが加速するお歳暮に差をつける

富士山とコアラのデザインの木桝

 

 

日本には1年を通して贈り物を贈る行事が沢山あります。国民的習慣といってもいいでしょう。
日本の2大贈答行事といえば、お中元とお歳暮。

日頃お世話になっている人たちへの感謝を表す大人としてのマナーとして捉えられるお中元とお歳暮。
さらに「お中元は省略しても、お歳暮は贈る」という人が多いのは、やはり1年間お世話になった人への感謝の気持ちを品物を通して贈りたいという節目や節度を重んじる日本人の律儀さの表れと言えます。

 

年々加速するプレミアム化

ひと昔前のお歳暮の代表といえば、日本酒、塩鮭、数の子といったおせちにも応用できる食べものが主流でしたが、
近年は、お菓子、産地直送のお肉や珍しいフルーツ、オーガニック系の「普段よりちょっぴり贅沢」と感じるものが人気です。

具体的にお歳暮を贈るヒントをご紹介します。

 


§  贈るポイント1 時期

関東では12月初旬から、関西では13日あたりから20日あたりに贈る風習があります。
20日過ぎても30日までなら大丈夫。

でも、30日過ぎたら??その時は、表書きは「お歳暮」から「御年賀」にかえましょう。

 

 

§  贈るポイント2 「とりあえずこれで」から「これは!」と思う品を

お酒が飲めない人にお歳暮の定番だからという理由だけで、日本酒やビールを贈っても贈られた方は困ってしまいますね。
定番に惑わされずに、贈る相手の好み、家族構成、趣味といったものを考えて贈ると喜ばれます。

お酒やワインを贈る時も、珍しいおつまみを添えたり、かわいい豆皿を添えたりしても「気の利いた」お歳暮で喜ばれます。

 

禅抹茶枡 Zen Cube コアラ木升と富士山皿

 

 

商品券はとても便利なものですが、目上の人に商品券というのも味気がない。

「この人は、私のために忙しい師走の時期に私の好きなものを選んでくれた」というのは何よりも嬉しいものです。

歌舞伎がお好きな方には、歌舞伎に関係するものや、相撲好きの方には相撲をデザインしたもの、といったように

贈る相手の趣味や好みをさり気なく反映したものなどは、本当に喜ばれます。

 

 

写楽の木枡

 

 

 

力士とカンガルーが相撲をとっているデザインの木枡

 

 

 

§  贈るポイント3 「普通の定番」のものから「特別」感

 

値段が高ければいいというものではなく、最近は値段よりも「上質」のものが好まれます。
その一つが『プレミアム化』。
最近は、どんなものでも「プレミアム」とつけば売れるという現象が起きてしまっていますが、
普通のものを普通に贈る時代は終わりをつげ、限定品、希少性、こだわりの時代にはいりました。

 

検索すればすぐに値段や品質がわかるネット時代。
お歳暮は「感謝」を表すもの。

「この商品はきちんと私の「感謝」の気持ちをあの人に伝えてくれるだろうか?」を考えながら商品を
選ばれるとよいでしょう。

 

禅抹茶枡のレーザー木枡

 

師走は忘年会、クリスマス、大晦日と、人と人とのふれあいの機会が多い月。

一年間を振り返って改めてお世話になった大切な方に「感謝」をあらわす

Cube Masuの縁起物のデザイン枡に込めて贈られてはいかがでしょうか?

 

【お歳暮にお薦めのCube Masu】

 

 

市松柄の木枡
Cube Ichimatsu 市松 ¥1,600 上下左右、均等に途切れることのない幾何学模様の市松柄でとぎれることのない想いを伝える
錦鯉のレーザー木枡
Cube Nishikikoi 錦鯉 (レーザー)¥2,200 生命力の強い錦鯉をデザイン。贈られた人の運気も健康運も願う
富士山の上で眠るコアラの木枡
Cube Koala ¥1,600 世界遺産にも登録された富士山の山頂でぐっすり眠るコアラ。クスッと笑え枡

 

力士とカンガルーが相撲をとっているデザインの木枡
Cube Black 澄 最高級国産備長炭と寒水石付きセット価格¥2200 和の癒しの世界が広がる風水インテリア枡