中元歳暮

お盆って大変なもの?改めて考える日本人のおもてなし

禅抹茶枡cubemasu灯篭

2018年今年もお盆の季節がやってきました。仕事が休みになるとはいえ、連日の猛暑と帰省ラッシュにもまれ、「休みなのに何でこんなに大変なんだろう」「お盆って何であるんだろ」って思わず愚痴がこぼれます。大変な思いをしてまで行うお盆帰省に意味があるのか?今回は改めてお盆について考えてみたいと思います。

 


¶ お盆っていつ?


 

8月13日〜16日を日本ではお盆の時期といいますが、そもそもお盆って何でしょうか?小学生や若い人にとっては夏休みというイメージがあります。

簡単にいうとご先祖様の里帰り

「あなたのおじいちゃんおばあちゃん、そのまたおじいちゃんおばあちゃんといったご先祖様が帰ってくるんだよ」とお父さんお母さんから聞いたことはないでしょうか。お父さん、お母さんに連れられてふるさとに里帰りするのと同じように、ご先祖様も里帰りします。最近は、夏の帰省ラッシュを避けたり、お墓自体がを持つ世代が減少しふるさとへ里帰りする人が減ってきているようですね。

 


¶ お盆には何を準備、お供えしたらいい?


 

さて、帰省ラッシュの中汗だくになって実家や嫁ぎ先にお盆帰省した時に何を用意したらいいのでしょうか?

簡単ですが、下記にお盆に必要なものをご紹介したいと思います。読まれると「そういえば昔、おじいちゃんおばあちゃんの家にあったな」と納得されるのではないでしょうか。

§ 五供(ごく)

一般的に、5つのお供えものを用意します。順番に見ていきましょう。

1 香り

お線香。

 

2 花

棘のあるバラや香りが強いものを避けましょう。優しい色合いの花は、お盆に限らず私たちの心をほっと和ませてくれるものです。故人が好きだったものを飾ってもいいでしょうね。

鬼灯(ほおずき)もお供えします。ご先祖様をお迎えする灯とも言われています。また、精霊であり肉体がないご先祖様は、お盆の間は、中が空洞になっているほおずきの中で休まれるとも言われています。小さなほおづきの中にご先祖様がちょこんとおられると考えるとなんだかかわいい感じがしますね。

 

3 灯明

ロウソクにあたる灯。ご先祖様があかりをたよりに迷うことなく里帰りができるように13日からあかりを灯します。昔の迎え火です。

禅抹茶枡お盆の鬼灯

 

4 水

綺麗な水をお供えして心を清める意味があります。

 

4 飲食

炊きたてのご飯をお供えします。仏様は炊きたてのご飯の香りを好まれると言われています。香りが消えご飯が冷めたらご飯を下げても構いません。また、ご先祖様との繋がりを持つという意味から冷めてから同じものをいただいてもいいでしょうね。

 

桃やぶどう(房付き)がお供えされているのをよく見かけます。これは、夏のお盆の時期が出荷のピークに重なるということもありますが、桃やぶどうの形が丸いことから円い縁がご先祖様と繋がっていることを意味することから桃やぶどうがお盆のお供えに好まれています。ここまでこだわるのは日本人ならではの気遣いとおもてなし精神です。

 

 

迎え団子と送り団子

13日と16日にそれぞれ迎え団子と送り団子をお供えします。

 

精霊馬

 

きゅうりとナスをそれぞれ馬、牛に見立ててそれに乗ってご先祖様がやってくると言われます。
きゅうり馬にのって颯爽と、戻るときはなす牛にのってゆっくりと、という想いの精霊馬。理由がわかるとご先祖様を思う気持ちが伝わってきます。昔風介護タクシーの役割のようです。

最近では、なすやきゅうりのこだわらずに他の夏野菜でユニークな精霊馬がSNSが見られます。モダンな精霊馬を作るのも楽しいものです。ご先祖様もきっとクスっと笑いながら乗ってくれること間違いなしです。

Cube Masu 夏野菜

 


¶ 改めて日本人にとってお盆とは


 

いかがでしたでしょうか?

人には必ず親があり、故郷があります。親にもそれぞれさらに上の親があります。1年に1度や2度は故郷に帰ります。同じように目に見えないご先祖様も故郷に帰ってきます。それがお盆にあたります。

忙しい現代は、お盆の帰省もままならない人もあり、またお墓を持たない世代も増えお盆行事を知らない人も増えてきているようですが、それでも、今ある命がご先祖様から繋がっているバトンリレーと考えると自然と感謝する気持ちが湧いてくるのではないでしょうか。

忙し中でも1年の1度だけでも、今生きていることの感謝を親や家族と一緒にゆっくりとご先祖様へ思いを馳せてみてはいかがでしょうか。お盆の準備は大変ですが、それでも子供たちと一緒に背精霊馬を作ったり、お団子を作るのは楽しいものです。「お盆は大変」から「お盆は楽しい行事」と変えてみてはいかがでしょうか。

ご先祖様へのおもてなしをいろいろとアレンジしてみたりコーディネートしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

禅抹茶枡お盆のお供えの鬼灯