キューブマス ミニ手毬枡とおひねりスイーツ

「ま、いいか」から「これしかない!」の世界

日本はお正月からはじまり、お花見、ひな祭り、端午の節句といった四季折々に応じた「ハレの日」があります。また、日頃の感謝を伝えるお中元、お歳暮、人生の節目を言わす進学祝い、出産祝い、結婚祝いもあります。大切な人の感謝の表れの贈り物ですが、ついついありきたりなもの、無難なものになってしまいます。禅抹茶枡は、スタッフの人が「毎年の嫁ぎ先の義両親のお中元・お歳暮に何を送ったらいいか迷う」の一言で誕生しました。贈る人、贈られる人の「ありがとう」を82mmの小さな枡に込めて楽しいものとしていただければと思います。

禅抹茶枡

木づかい 気づかいで大切な人をおもてなし

 「自然と人との真摯な繋がりが仕事の根幹をなす」。2016年アトリエ工房をたちあげものづくりに励んでおります。肌がデリケートな赤ちゃんや敏感肌の人にも心と身体に優しい器をプレゼントとして贈りたい。。また、1000年は持つと言われるひのきを使って大切な人の健やかな成長を祝うデザインをプリントしたい。アトリエを立ち上げた理由はそこにはあります。人生は人との出会いの連続。優しい器で、優しくおもてなししてみてください。

禅抹茶枡Cube Koi錦鯉枡

自然のモノを大切に使いきる

伐採しても1000年以上もその強さが弱まることがない「木の王様」が桧(ひのき)。法隆寺大修復に携わった昭和最後の宮大工、西岡常一氏は、「木は二度生きる」と本の中で言われています。桧としての生命を受け、伐採後もさらに私たちの暮らしの中で形をかえて生きる木、桧。その寿命1000年以上。この強い生命力の桧で、クギ一本を使わずに作られた枡。使いすてのプラスチックの器から洗剤いらずの環境に優しい桧(ひのき)の器を次世代にも伝えたいと思います。

禅抹茶枡

キューブマスって?

桧の枡に印刷された和柄は、一見すると地味ですが、古来より日本人は、無駄や過剰な装飾を一切そぎ落とし、自然のありのままの姿を鋭い感性で極めるのが得意です。
和柄・枡。「自然と共に、物、人を大切にしていきたい」
82mmという小さくシンプルなキューブ(CUBE)型の世界に心を尽くしたいと思います。
禅抹茶枡 Cube  flower 花

枡ってこんな使い方があったんだ!

日本人は伝統を残しつつそれをアレンジして新たな伝統を生み出すことが得意です。私たちも、伝統柄のカラーを変えてモダンな雰囲気の作品も作り出しています。「この部分の色をこういう色に変えたいんだけどできる?」「あの人はこの色が好きだから変更して」お気軽にお問い合わせください。お客様と一緒に商品を作っていただきたいと思います。本当に残していきたいおもてなしを日本だけでなく世界におもてなしの和の輪が広がっていけたらと思います。